読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

estomo Blog

30代、渋谷在住のサラリーマン。インテリア、日用品、お金、子育て。日々の生活を楽しんでます。

10万円の収納付きベッドで200万円分の価値がある!?

 

estomoです。

私は2013年から渋谷の築40年越えのマンション(よく言えばヴィンテージマンション、悪く言えばおんぼろマンション)をフルリノベーションし住んでいます。

「渋谷の築40年越えマンションをフルリノベーション」シリーズ。

【まとめ】渋谷の築40年越えマンションをフルリノベーション! - estomo Blog

 

マンション選びの時、「収納少ないな」とか、リノベーションするにしても「収納作ると部屋が狭くなるな」とか、収納の悩みはつきません。

でも、マンション選びの時から収納付きベッドを頭に入れておくと、お部屋選びの選択肢が広がって場合によっては数百万円お得になるかも!っていう話です。

収納付きベッド?

タイプはいくつかありますが、マットレスの下に収納が付いているベッドフレームのことです。

タイプ的には大きく3つあります。

  1.  マットレス跳ね上げ式
  2.  引き出し式
  3.  フリースペース式

1の跳ね上げ式はこういうやつです。↓

imgrc0061818240

引用:源ベッド

私がオススメするのは1のマットレス跳ね上げ式です!

理由はベッド以外のスペースが必要ないのに、収納としては大容量だからです。

2の引き出し式や3のフリースペース式は引き出すためのスペースが余分に必要です。

その点、跳ね上げ式はベッドを置くスペースだけで横が壁でも全く問題ありません! 

収納付きベッドってダサくない?

私はそう思ってました。

実はこんなローベッドを買いたいなーって最初は思ってたんです。

 

低い方が部屋が広く見えるし、収納付きベッドはどうしても高さがあるのでなんか圧迫感があるよなぁって思ってました。

でも都内の狭いマンションでは収納付きベッドの利点の方が勝ります。

収納ベッドで数百万お得になる?

うちではシングルとセミシングルの収納ベッドを並べて使っています。

そこにはゴルフバッグや、テニスラケットなどたまにするレジャーグッズや、普段使わない来客用の布団や、冬布団なんかを収納しています。

これらを全てを収納しようと思うと1〜2平米のスペースが余分に必要になります。

 

この2平米の価値ってどんなもんでしょうか?

例えば渋谷区の中古住宅の平米価格はこちらのサイトによると1平米あたり平均約92万円だそうです。

渋谷区の住宅相場 | 東京都

つまり2平米広いマンションを探すとなると、約200万円追加の予算が必要となってしまうんです!

それが収納ベッドを利用することで、少し狭い部屋でも問題なく収納でき、結果として購入予算を抑えることができます。

購入前からのベッド選びをオススメ

普通はベッドを選ぶのは、マンション購入後の引越し前だったりしますよね?

でもマンションを選ぶ時から収納ベッドの選択肢を持っていると、物件の見方が変わります

「この物件いいけど収納が少ないなぁ」

「気に入ったけど収納を作るためにもうちょっと広い物件の方がいいなぁ」

っていう時に、収納ベッドでもし解決できるのであれば、気に入った物件を諦めずに済むかもしれません

収納ベッド紹介

ここからは私が利用している収納ベッドを紹介したいと思います。

私はこちらの商品を利用しています。

 日本製シングル跳ね上げ式大型収納ベッド★日本製ポケットコイルマットレス付き

うちは180cmの幅のベッドが欲しかったのでシングル(100cm)とセミシングル(80cm)のベッドをくっつけて利用しています。

そもそも180cm(大体クイーンサイズとかメーカーによってはキングサイズ)の跳ね上げ式収納ベッドってあんまりないんですよね。

あったとしてもめちゃくちゃ高い。

そこで、うちは2台くっつけて利用するという選択にしました。

収納スペース

2つに分かれてしまうのは正直少し痛いですが、そこまで大物もありませんので今のところ問題ありません。

毎日使うものをしまう場所ではありませんので、たまに使うものを収納しています。

ただ、開けるのは別にめんどくさくないので、1〜2週間に一度使うようなものでも問題なく収納できると思います。

私の場合、左側にはリノベーション時に出たタイルマットの余り(交換用)とか、来客用のエアーベッドや布団なんかが入っています。夏の間、冬布団をしまって置くのもこのスペースですね。

右側は妻のゴルフバッグや、扇風機、テーブルなんかが入っています。

冬が終われば今出しているがガスストーブもここにしまうことになります。

image

 こだわりポイント①

子供が産まれて川の字で寝ることもあったので、キングサイズのボックスシーツを使い、マットレスをくっつけています。

また間には、スキマスペーサーを使い段差をなくしています。

image

こだわりポイント②

ここはかなりマニアックですが、ベッドフレームの質感が床と少しあっていないのと、シングルとセミシングルの間が開いているのが少し気に入りませんでした。

そこで、「突き板シート」を使い、間を塞ぐとともに床と同じウォールナットに化粧しました。

ツキ板 シートの中で最も薄い0.3ミリ厚のノーマルタイプ

誰も気がついてくれない自己満です。笑

image

まとめ

いかがでしょうか?我が家では大活躍の収納ベッドの紹介でした。

うちはかなり助かってます。だってこんな大物収納するスペースないですもん...。

引越しを考えている方は、頭に収納ベッドを入れておくと部屋探しが少しスムースに行くかもしれません。

また今、収納にお困りの方は引っ越さずとも問題が解決できるかもしれません。

ぜひ一度検討されることをオススメします! 

 

関連記事

【まとめ】渋谷の築40年越えマンションをフルリノベーション! - estomo Blog

【リノベ】購入か賃貸か、さらに予算。私の考え方。 - estomo Blog